Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エンゼルス大谷翔平の3試合連続ホームランまとめ!米でも愛される伝説の二刀流

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジェルスの大谷翔平選手が4月6日(現地時間)、本拠地アナハイムの対アスレチックス戦で、3試合連続となる3本目のホームランを放ちました!!各試合それぞれのホームランや可愛すぎたサイレントトリートメント、ブーイングの第5打席目などの見どころをまとめています!

Sponsored Link

大谷翔平:メジャー初ホームランは?

大谷翔平選手のメジャー初となるホームランは、

本拠地エンゼルスタジアムで行われたインディアンス戦で

「8番・DH」でスタメン出場した試合でした。

スタンドの大歓声の中、迎えた第1打席。

初回2死満塁で打席に立つと、相手先発右腕トムリンの暴投で勝ち越し。

それでもなお2死二、三塁の最高のタイミングで

2ボール2ストライクから右中間へメジャー1号となる3ランを放ちました!

この日は1号3ランを含む3安打と

驚異的な本拠地デビューを果たした大谷選手。

話題はそれだけに留まらず、

ホームランを放ち、ダグアウトに帰ってきた大谷選手を待っていたのは

メジャーリーグのお決まり。

Sponsored Link

【サイレント・トリートメント】

反応が可愛すぎる!!サイレントトリートメントの一コマ

その時の大谷翔平選手の反応が

可愛すぎる!!!!

と、日本人女性のみならず

米国でも「今までで一番キュートだったわ♥」

と、世界中の女性をメロメロにしている様子。

いやいや、、、

これは・・・

可愛すぎます。

本当はも少し長く続くはずだったサイレントトリートメントですが、

大谷選手がチームメイトに抱き着き、祝福をおねだりしたことで

チームメイトは観念せざるを得なかった様です( *´艸`)

以下は大谷選手に抱き着かれた

キンズラー内野手のコメント。

「最高のサイレント・トリートメントだったよ。でも、長続きしなかったんだ。自分はとにかく下を向いていた。なるべく彼を見ないようにしていたんだよ。しかし、彼があまりに興奮していてね。ハイファイブの準備万端だったんだよ」引用:livedoorNews

チームメイトにも愛され、

最高の夜になったようですね!

そんなビッグニュースに続き、、、

誰もが耳を疑った第二号ホームラン・・・!!!

大谷翔平:2日連続!第2号ホームラン!!

さてさて、こちらが第二号HRを放った

4月4日、インディアンズ戦での映像です。

この日も「8番DH」のスタメンで試合に出場し 、

大谷選手の第1打席目は三振に終わりましたが、

0-2の3回裏、2アウト2塁の場面で向かえた第2打席…

ここでホームランが出れば同点!!!

と、いうところで本当にホームランを打ってしまいました。

打球はセンター方向に落下。

大谷選手のおかげで2-2の同点に追いつきました。

「オオタニがまた打ったぞ!!!!」

と、現地でも大盛り上がり。

ちなみにこの試合はそのまま延長戦、

13回までにもなり、

最後はザック・コザート選手がサヨナラホームランを放って

エンジェルスが勝利となりました。

大谷翔平ストーリー・・・

野球漫画であればクレームが来るほど

出来すぎたストーリーではないでしょうか?

・・・と、思いきや・・・

大谷翔平:3日連続!第3号ホームラン!!!

誰もが目を、耳を疑ったニュースでした。

最初はSNSを見ていて、

「あ、またあのホームラン映像が流れてる~」

なんて思っていましたが、

なんだか様子がおかしいぞ?

よく見たら日付は現地の4月6日!!!

ってことは、

3試合連続3本目のホームラン!!!

ってことだったんですね。

現地時間4月6日。本拠地にて対アスレチックス。

この日も「8番DH」で先発出場の大谷選手でした。

5点を追う2回2死。

2ボールから、右腕ゴセットの真ん中に入るツーシームを捉え、

打球はバックスクリーン左へ飛び込み、第3号ソロとなりました。


打った瞬間に、現地の実況ですら「ウソでしょ」と絶句していた様子。。。

大谷の押し出し四球…フォアボールでブーイングの嵐!

そんな第1打席でしたが、

5回に迎えた第3打席も面白い展開に。

第5回は1死満塁の最高のタイミングで打順が回ってきました。

絶好のチャンスでしたが、この時のピッチャー、

アスレチックス右腕ヘンドリックスはメンタルで負けてしまったんおでしょうか、

大谷選手に対して1球もストライクが入らずに押し出し四球。

エンジェルスからすれば、1点差に迫る貴重な得点が入ったにもかかわらず

地元スタンドからは相手投手へブーイングが飛びました。

本拠地での試合であったこともあり、

多くの観客が大谷選手のバットに期待ていた様ですね。

アメリカでも大人気の大谷翔平選手。

明日も明後日も、大谷翔平選手から目が離せません!!!

おまけ:大谷翔平のホームランボールは誰の手に?


インディアンズ戦で大谷選手が放った、

メジャー初となるホームランをキャッチしたのは

インディアンズファンのクリス・インコーバイアという人でした。

しかしキャッチした直後、彼は近くいた8歳の

マシュー・グティエレス君のグローブにボールを投げ入れました。

インコーバイアさんはその後のインタビューで、

「瞬時に彼がエンジェルスのユニフォームを着ているのが見えたし、彼も僕が獲ろうとしたボールをチャッチしようとグローブを伸ばしていたからね。それに、彼の方が僕なんかよりよっぽどこのボールをありがたがるわけだから」引用:Jsports

と話していました。