Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒカルの名前の理由は?由来はヒカキン?今更聞けないプロフィールも詳しく☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はあの自称カリスマ、

Sponsored Link

でも実際本当にカリスマかもしれない←

ユーチューバーのヒカルさんについて

まとめてみました(^^)/✨✨

ヒカルさんのYouTubeはおもしろいので

今後ヒカルさんについて定期的に

まとめていきます(/・ω・)/

↓今回はコチラ↓

今更聞けない?ヒカルのプロフィール

Instagram@tadanokarisuma

  • YouTube名:ヒカル
  • 本名:前田 圭太(まえだ けいた)
  • 誕生日:1991年5月29日(ふたご座)
  • 年齢:27歳(2017年現在)
  • 血液型:O型
  • 身長:175㎝
  • 体重:非公開
  • 出身:姫路
  • 出身高校:神崎高校

ユーチューブ名、なぜヒカル?

YouTubeではヒカルという名前で

活動されているヒカルさんですが、

そもそもなぜ本名の「圭太」とは

かけ離れた「ヒカル」という名前で

ユーチューバーをしているのでしょうか?

理由を調べてみたところ、ご本人がこれについて

明言したことは今のところありませんが、

考えられる理由として思い浮かぶのは

Sponsored Link

あのユーチューバーの先駆者✨✨

HIKAKINさん👓♬

の本名をもらったのではないかと推測できます。

※ヒカキンさんの本名は

「開発 光(かいはつ ひかる)」

☝ヒカキンさんのこの顔好き 😆

ヒカルさんといえば、尊敬する人がダントツ

ヒカキンさん✨✨と、島田紳助さん。

ヒカキンからヒカルになった?

今の子たちは島田紳助さんのことを

知らない人も増えてきていると思いますが

かつては松本人志さんや明石家さんまさん等と

肩を並べるほどのトーク力が売り

名司会者だったんですね(^_^)

そんなわけで、話は逸れましたが(´-ω-`)

ヒカルさんがなぜ本名の圭太を使わずに

ヒカルで活動しているかについて

推測してみました。

No1ユーチューバーといわれるヒカキンさんに

追いつけ追い越せの意識でヒカキンさんの名前を

もらったのではと推測します(´-ω-`)✨

ヒカルの過去、経歴は?

もうヒカルさんのプロフィールや経歴なんて

有名になりすぎて「今更聞けない」レベルかも

しれませんが…(;^ω^)一応まとめておきますね✨

ヒカルさんといえば姫路出身で

姫路の神崎高校を卒業されています💡

高校卒業前の進路相談で、

「ニートになるか工場で働くかどっちがいい?」

と先生に訊かれ、(ちょw先生✋)

朝日鉄住金という工場に勤めました。

しかし!そこで上司ともめ、

「俺の方がセンスあるわ!!!!」

みたいな感じで4カ月で退社👍

なかなか普通18歳でここまでの判断力や

フットワークの軽さは出せないですよね?

この瞬時の判断はかなり的確だったと

思います(´-ω-`)✨✨さすがカリスマ。←

その後、後の騒動の原因となる(?)井川氏と出会い

ヤフオクの転売業を知ることになりました。

※ネット上で商品を安く仕入れ高値で転売するビジネス

ネットビジネスで成功!カリスマの頭角を現す。

そして4カ月で月収100万円を達成し、

井川氏の元を離れ独立しました。

しかしその後とんとん拍子で成功したわけではなく、

800万円もの借金を背負うことになり

取り立てにあったこともあるそうです( ;∀;)💦

そこで、芸能ネタなどのウェブサイト運営をはじめ

3カ月で14万、8カ月で1200万の月収を達成

無事借金も(余裕で)完済しました。

この時21歳。

普通の18~21歳の男子のストーリーには

聞こえませんよね(´-ω-`)カッコヨスギル。

稼いだお金でユーチューバーに!

そんなこんなで作り出した資金を元に、

YouTubeを活動拠点に決め

他の人がしないような動画内容をアップし

見る見るうちに視聴者数を集めていきました✨

ここからのお話はまた次回!

今後もヒカルさんについて

詳しくまとめていくのでお楽しみに(´-ω-`)👍

以下から関連記事もお楽しみください★

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事と広告レスポンシブ対応